特定の不動産を売った場合の軽減の特例措置        不動産の税金一覧     個人の税金フロー

○居住用財産を売った場合の特例 居住用財産を売った場合の3000万円の特別控除
所有期間10年超の居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例
居住用財産の買い換え特例 特定の居住用財産の買換特例
相続等により取得した居住用財産の買換特例
居住用財産の買い換えに係る譲渡損失の繰越控除の特例
優良住宅地の造成等のために土地を売った場合の特例
○中高層耐火建築物等建設のための買換特例
特定事業用資産の買換の特例
特定住宅地造成事業等のために土地等を譲渡した場合の1500万円の特別控除

こんなときの税金は(住宅ローン控除の利用がいいのか3000万円控除の利用か)

岡山県岡山市に居住する宅建太郎さんは、11年前に購入したマンション(居住用)を平成12年11月に売却し、翌年新たに新築一戸建てを購入しました。尚宅建さんの平成12年分の年収は1200万円でした。

〇売却したマンションの売却価格        5500万円
〇購入したマンションの取得価格        2150万円(建物の原価償却費相当額220万円)
〇売却に要した費用(仲介手数料など) 300万円 
〇購入した住宅及び敷地の購入価格    7000万円(土地評価額2200万円建物評価額1600万円)
〇購入した住宅の資金の内訳        自己資金    4240万円
                                            公庫資金      760万円
                                            年金資金      600万円
                                            銀行ローン   1400万円
〇購入した住宅の面積            土地185u         建物140u

買ったときの税金 (平成12年度税制)  所得税及び住民税の定率減税は加味しません
1、 印紙税 売買契約書     45000円
     金銭消費貸借契約書
2、 登録免許税
  土地の所有権移転登記(2200万円×1/3)×50/1000    =
 建物の所有権移転登記1600万円×3/1000          =      
370000円
  48000円
  抵当権設定登記
         年金融資       600万円×1/1000                =
         銀行ローン            1400万円×1/1000                =
      (公庫は相手が国のため税不用)

  6000円
14000円
3、 不動産取得税
 土地(2200万円×1/2×3/100)-(2200万円×1/2÷185u×200u×3/100)=0 140u×2>200u  200u
 建物(1600万円−1200万円)×3/100= 120000円
4、 住宅ローン控除
 対象となる借入金の金額760万円+600万円+1400万円=2760万円
 控除額  2760万円≦5000万円(年末借り入れ残高5000万円が限度)
        2760万円×1%=276000円(平成12年度所得税額から控除される金額   
マンション売却時に3000万円特別控除を利用した場合住宅ローン
控除の適用は無
マンションを売った時の税金
1、 印紙税  売買契約書 45000円
2、 所得税及び住民税
購入した住宅について住宅ローン控除の適用を選択したとき
所得税5500万円−(2150万円−220万円)−300万円=3270万円
    3270万円×20%=654万円
住民税3270万円×6%=196万2千円
譲渡所得税6540000円
住民税1962000円
住宅ローン控除の適用をしないで居住用財産を売った場合の特例の選択
所得税イ 5500真似ん−(2150万円−220万円)−300万円=3270万円
     ロ 3270万円−3000万円(特別控除)=270万円
     ハ 270万円×10%(譲渡所得税率) = 27万円
住民税270万円×4%=10万8千円
譲渡所得税
2700000円
住民税
108000円
住宅ローン控除より3000万円特別控除の方が特かな、よく考えて申告を

   

                                                
               
 
          
     14000円