津山商工会議所の概要

津山市のあらまし

 津山市は古くから美作地方の政治・経済・文化の中心地であり、出雲街道、吉井川水運などによる交通の拠点として栄えてきた。

 市街の中心部は、慶長8年(1603)森忠政が18万6千5百石の領主として入国し、津山城とその城下町を築いたことに始まる。

 今もなお、豪壮な城跡の石垣を取り囲み、なまこ壁、白壁、千本格子の街並みが一部残り、優れた神社仏閣建築も多く残っている。幕末には多数の洋学者を輩出し、近代日本の建設に貢献した文化的風土と相まって「西の小京都」と呼ばれている。

 また、明治以降東西南北に鉄道が走るなど、岡山県北の中核都市として着実な歩みを続けてきたが、昭和50年、中国自動車道吹田~落合間の開通は、近畿圏との時間距離を2時間に短縮した。

 さらに、58年の吹田~下関間全線開通、63年の瀬戸大橋開通、平成4年の米子自動車道の開通、さらには平成9年3月の岡山自動車道の開通により、津山は阪神圈と九州、山陰と県南・四国を結ぶ内陸部における一大交通拠点的性格を強め、一層の発展が期待されている。

津山商工会議所の現況

設立 昭和5年4月8日
会員 約2,400事業所
役員 会頭
松田 欣也
(㈱マルイ 代表取締役社長)

副会頭
須江 英典
(㈱すえ木工 代表取締役社長)

副会頭
浮田 芳典
(一般財団法人津山慈風会 理事長)

副会頭
松岡 裕司
(津山信用金庫 理事長)

専務理事
西山 公二
議員 100名
部会 流通部会
産業ものづくり部会
建設部会
サービス観光部会
諸業部会
都市環境エネルギー部会
医療福祉部会
委員会 総務運営委員会
地方創生推進委員会
生産性向上委員会
企業成長力強化委員会
経営労働対策委員会
女性活躍推進委員会
税制対策委員会
文化・観光・スポーツ振興委員会
女性会設立 昭和48年1月19日
青年部設立 昭和54年12月2日

ページトップへ