2021.1.14 (Thu)

今季初の山スキーを楽しもうと、山スキー仲間4人で氷ノ山に登って来ました。
ワサビ谷を滑って降りる予定が・・・

天候 曇り&ガス、やや強風。  登山口気温 マイナス3度。

【 ルート図 】
GPSログ

 

【 グラフ図 】
グラフ図

 

わかさ氷ノ山スキー場 第三リフト
わかさ氷ノ山スキー場から出発 第三リフトは登山者のみ最上部まで行ける。

リフトトップから 尾根
リフトトップからの眺め。

尾根はスキーで登るつもりだったが、
みんなが担いで登ると言うので・・・

ブナ林 ホワイトアウト
霧氷が激減していたブナ林。 この後スキーを履く。 ガスでホワイトアウト状態だ。

休憩舎 三ノ丸避難小屋
休憩舎  GPSが無ければたどり着けなかったかも。 三ノ丸避難小屋にて、しばし休憩

三ノ丸 モンスター
三ノ丸(1464m)を通過 少し痩せた?モンスターの中を行く。

トラバースルート トイレ
トラバースルートを開拓する。 山頂直下のトイレ

氷ノ山山頂 帰る
氷ノ山山頂(1509.8m)に何とか到着
避難小屋にて昼食。 内部気温マイナス5度
ホワイトアウトなので神大ヒュッテまでの滑りは諦め、
下山ルートのワサビ谷に向けて帰る。

三ノ丸方向 霧氷
三ノ丸方向が見えるようになった。 こんな素晴らしい霧氷の中を歩いて来てたんだ。

トラバースルート
トラバースルートから振り返ると、山頂も見えた。 折角なので、このブナ林を一本滑る。
の写真にマウスポインタをそっと合わせると、、、70歳過ぎのTさんは、いつも華麗な小回りテレマークの滑りを見せてくれる。

ドロップ地点 入口
ここがワサビ谷左俣のドロップ地点だと思って休憩中 ボーダーのシュプールは有るが、その先は見えない。

下降中の私 喉
谷の入口は狭く、喉状になっていた。 部分は横滑りで降りる。
の写真にマウスポインタをそっと合わせると、、、狭い箇所に向かって下降中の私

良い斜面 滑降
広くて滑り易い雪原になる。

みなさん思い思いのシュプールを描くが、
一つ手前の大倉谷右俣だと気が付いた。

堰堤 巨木
堰堤を越えると、消化試合になる。 ブナの巨木  前回もこの下で休憩した。

アルパインゲレンデ
アルパインゲレンデに出て、滑ろうと思ったら、
スノーピアゲレンデに帰るから、左へトラバース(汗)
やっとスノーピアゲレンデに帰って来て、
余韻を残して?滑る私。

4人ともGPSを持っていたのに、誰もワサビ谷のドロップ地点間違いに気が付かなかったとは・・・
ボーダーのシュプールが有ったので、GPSを良く確認せず、信じ込んでいました。反省です。
しかし、5年前に大倉谷左俣を降りたことが有ったので、これで左右両方を降りたことになった。

>>登山口  >>Top