2021.2.7 (Sun

山仲間と沖ノ山(1317.9m)に登って来ました。
ひょっとして若杉天然林まで車で行けるかと期待しましたが、大茅スキー場までだったので、
予定どおり、ここから四等三角点(点名:若杉・1196.1m)ピークを目指して登りました。

天候 曇り時々晴れ時々アラレ、稜線ではやや強風。  登山口気温 0度。

[ ルート図 ]
GPSログ

 

[ グラフ図 ]
グラフ図

 

駐車地 取り付き
大茅スキー場下部に駐車し、右の橋を渡る。 民家裏から尾根に取り付く。

急登 893mピーク
しばらくは植林帯の急登 893mピークを通過

積雪 沖ノ山
やっとが現れた。 左手に沖ノ山が見え、雪が多そうで安心する。

鹿除けネット 積雪 足跡
鹿除けネットの尾根を進む。 積雪が増えてきて、良い感じの尾根 昨日と思われる足跡が突然現れた。

四等三角点 沖ノ山方向
まだ残っていた四等三角点(点名:若杉・1196.1m)の案内紙 四等三角点からの定番ショット

沖ノ山へ スノーシューは背負ったまま
さぁ、沖ノ山へ向かおう! 良く締まったでスノーシューは背負ったまま

灯篭広場 林道
灯篭広場も真っ白 林道は所々雪崩ている。

林道を行く 取り付き斜面
時々アラレが降る天候になる。 前方の尾根に取り付く。

斜面を登る 逆ハの字
尖がっているのはザックに付けたスノーシュー 慎重に逆ハの字で登ってますね。

沖ノ山山頂 下山尾根
沖ノ山山頂  寒いので少し降りてから昼食にする。 ガスで幻想的な尾根を降りる。

巨木 灯篭広場
巨木が多い尾根

風を避けて、灯篭が見える巨木横にて昼食
折角持って来たので、昼食後スノーシューを付ける。

熊棚 熊棚
熊棚が結構残っていた。 「あんな所にも熊棚!」と、見上げる私

四等三角点ピーク 尻セード
正面の四等三角点ピークを越えて、
若杉天然林経由で帰ることにした。
時々、尻セード

トラバース ショートカットルートの尾根
雪が硬いので、きわどいトラバース 若杉天然林の休憩舎をパスするショートカットルートの尾根

道路 峰越峠への分岐
道路に降りた。 峰越峠への分岐を通過

大茅スキー場 大茅スキー場
道路を約3km歩いて大茅スキー場に下山した。
150m手前でスノーシューを外した。
雪の無い大茅スキー場は寂しそう。


>>登山口  >>Top