2022.3.22 (Tue)

午後1:30から蒜山ガイドクラブの総会が有るので、それまでにと思って、
明連川を詰めて、五五郎のコルから大ナメラに登り、皆ヶ山二俣山を周回して来ました。

上部では新雪が5cm位有り、霧氷も綺麗で冬に逆戻りしていました。

天候 ミゾレのち雲リ&ガス、稜線ではやや強風。  登山口気温 2度。

[ ルート図 ]
GPSログ

 

[ グラフ図 ]
グラフ図

 

駐車地 山ぶどう
蒜山高原キャンプ場入口付近に駐車して出発 林道沿いには山ぶどう畑が多い。

明連湿原 漆の木
ガイドクラブが手入れしている明連湿原は雪の下 漆の木の植樹も多く見られる。

終点P 堰堤
林道 明連線終点の駐車場 しばらく行くと堰堤が有り、右岸へ

渡渉 右股へ
渡渉して左岸へ

明連川本流を離れて、ここから右股へ入る。
本流を遡行すれば見返峠に出る。

小滝 沢
小滝が有り、左側を慎重に登る。 は埋まっているが、水の音がして気持ち悪い。

五五郎のコル直下 五五郎のコル
五五郎のコル直下 久しぶりの五五郎のコル(886m)

擬宝珠山 大ナメラ
コルから左の急坂を登れば擬宝珠山への稜線に出る。 さぁ、大ナメラへ向かおう。

広場 霧氷
以前、風を避けて、この雪原で昼食にしたなぁ 今シーズン最後の霧氷になるだろうか。

雪景色 正面に大ナメラ
風は強いが、素晴らしい雪景色 心の目で、正面の大ナメラを見る。

ブナ林 大ナメラ
ブナ林を登り、山頂直下の急坂は潅木を掴んで這い上がる。 ガスで展望無しの大ナメラ(1164m)

大ナメラ 巨木
名前のとおり、広くて滑らかな大ナメラ山頂台地 巨木も多い。

霧氷 皆ヶ山への登り
霧氷の縦走路 皆ヶ山への登り

稜線 巨木
皆ヶ山の稜線に乗った。 霧氷の巨木がお出迎え。

皆ヶ山山頂 ブナ、シナノキ
雪庇が凄い皆ヶ山山頂(1159.4m) ブナシナノキの巨木を見ながら昼食

老木 下山道
生命力を感じる老木 急坂の下山道

コル 雪庇
皆ヶ山二俣山間のコルを通過 まだまだ大きな雪庇が残っている。

二俣山 日が差す
二俣山山頂(1083m) 左上に小さな鯉のぼりが有った。 が差してきた。

下山道 青空
快適に下山道を降りる。 青空が見えて来た。

皆ヶ山とアゼチ 尾根分岐
左手に皆ヶ山。 アゼチ山頂はガスの中 尾根分岐右の登山道の雪は消えていた。

左の雪庇を歩く 標識
スノーシューを外さず、登山道横の雪庇を歩く。 キャンプ場まで1500mの標識。 ちょっと速足で!!

皆ヶ山登山口 上蒜山
皆ヶ山登山口に下山した。 キャンプファイヤー広場から上蒜山を眺める。

キャンプ場管理棟 駐車地
蒜山高原キャンプ場管理棟 駐車地に無事下山。 総会には間に合った。


>>登山口  >>Top