2022.5.3  (Tue

櫃ヶ山(ひつがせん)ヤマシャクヤクはどうかなと思い、山友と3人で星山から縦走して来ました。

車2台なので、利用頻度が少ない星山西登山口から櫃ヶ山まで縦走し、天狗の森から天狗様参道を歩いて大月集落の天狗の森登山口へ下山してみました。
ヤマシャクヤクは以前より数は減っているように感じましたが、丁度満開の時期でした。

天候 晴れ、微風。  登山口気温 8度。

[ ルート図 ]
GPSログ

 

[ グラフ図 ]
グラフ図

 

星山西登山口 登山道
久しぶりの星山西登山口 予想外に良く整備されていた登山道

ヒトリシズカ 二人
ヒトリシズカ(一人静・センリョウ科) 植林帯を登るNさんと私

古い看板 5合目
味のある古い標識 5合目を通過

分岐 8合目
東登山口からの登山道に合流 8合目を通過

コシアブラ 展望岩
コシアブラを協力して収穫中 展望岩にて

展望岩から 星山山頂
展望岩からの眺め。
西登山口からなので前山は通過しなかった。
星山山頂(一等三角点・1030.3m)

星山山頂から
星山山頂からの展望 】

星山山頂から
星山山頂からの展望 】

星山山頂付近から
星山山頂から少し縦走路を進むと見える眺め 】

ハリギリ ツクバネソウ
トゲが多くて収穫し難いハリギリ(針桐)の新芽 ツクバネソウ(衝羽根草・シュロソウ科)

古い標識 星山
割れているが味のある古い標識 春景色の星山を振り返る。

ダイセンキスミレ 五輪山
ダイセンキスミレ(大山黄菫) 昼食予定地の五輪山を眺める。

ミツバツチグリ 扇山
ミツバツチグリ(三葉土栗・バラ科) 扇山(943.3m)

縦走路 五輪山方向
縦走路は大山蒜山三座の展望台 摺鉢山三坂山縦走もご無沙汰しているなぁ

ヤマルリソウ 近づく五輪山
ヤマルリソウ(山瑠璃草・ムラサキ科) 近づく五輪山

五輪山山頂 五輪山から
五輪山山頂(980m) 櫃ヶ山を眺めながら昼食

近づく櫃ヶ山 分岐
近づく櫃ヶ山 竜頭(りゅうず)の滝への下山道を見送る。

星山 櫃ヶ山山頂
星山を振り返る。 櫃ヶ山山頂(三等三角点・953.4m)

櫃ヶ山山頂から
櫃ヶ山山頂からの展望 】

9合目へ ユキザサ
9合目の広場に向け下山中 今年初のユキザサ(雪笹・ユリ科)

天狗の森へ 天狗の森の入口
8合目の分岐を天狗の森 トチノキ(栃の木)の大木がお出迎え

カツラ 崩壊したお堂(社務所)
カツラ(桂)の大木 ついに崩壊してしまったお堂(社務所)

天狗の森 ヤマシャクヤク
天狗の森を堪能中の2人 満開のヤマシャクヤク(山芍薬・ボタン科)

ヤマシャクヤク ヤマシャクヤクの群生
ヤマシャクヤク 今年は数が減っているような・・・

ヤマシャクヤク 天然記念物 原生林
それでも満開時に来られて良かった。 天然記念物 櫃ヶ山原生林」の標識

広い登山道 参道
広い登山道を降りて行く。 天狗様参道だったんだ。

サクラソウ? 駐車地
サクラソウ? 園芸種だろうか? 駐車地に無事下山した。

案内板 収穫物
駐車地には立派な案内板 コシアブラなどの今日の収穫物

この駐車地に着くまでには物語があった。
最初は見当を付けていた郷緑温泉付近まで行ったが細い道で行き止まり。どうしようかと迷っていると、
お墓参りのご夫婦が「ここは廃道で行けませんよ。天狗の森への道は、ここから1km程行った所です」と詳しく教えて頂いた。
車をバックさせて方向転換していると、ご主人がバイクでやって来られ、先導して道案内をしてくださると言う。
何とご親切な方だろう。まるで「ポツンと一軒家」の番組の様だった。
調査不足の私たちは大変助かりました。 改めて、御礼申し上げます。

>>登山口  >>Top