2022.7.17 (Sun

戻り梅雨の合間の晴れを狙って、山友と四国へ遠征し、筏津(いかだつ)登山口から東赤石山(1710m)~八巻山(1698m)~石室越(いしむろいごえ)を周回して来ました。

天候 晴れ時々ガス、稜線では心地良い風。  登山口気温 17度。


[ ルート図 ]
GPSログ

 

[ グラフ図 ]
グラフ図

 

筏津登山口 朝日
筏津登山口 朝日の光  暑い一日になるかな?

分岐 水場
瀬場登山口からのルートと合流 水場  下山時に手と顔を洗ってスッキリした!

右手に八間滝 木橋
右手に八間滝 新しく出来ていた木橋を渡る。

瀬場谷分岐 滝
瀬場谷分岐は、右の東瀬場谷ルート 沢筋にはが多い。

東瀬場谷 ゴーロ
清らかで綺麗な流れの東瀬場谷 ゴーロの登山道をひたすら登る。

トラバース道出合 分岐
トラバース道出合いを左へ 右の東赤石山山頂方向へ

イワキンバイ ネバリノギランとイワキンバイ
イワキンバイ(岩金梅・バラ科)

ネバリノギラン(粘り芒蘭・キンコウカ科)
下にイワキンバイ

オトメシャジン 赤石越
オトメシャジン(乙女沙参・キキョウ科) 赤石越と呼ばれる縦走路(稜線)出合を右へ

ヤマアジサイ コウスユキソウ
ピンク色のヤマアジサイ(山紫陽花) コウスユキソウ(小薄雪草・キク科)

ホソバシュロソウ 東赤石山山頂
ホソバシュロソウ(細葉棕櫚草・シュロソウ科) 新しい看板があった東赤石山山頂(1706m)

東赤石山三等三角点 展望
東赤石山三等三角点(1706.0m) 三角点峰からの眺め。石鎚山は顔を見せてくれなかった。

ウバタケニンジン 八巻山
ウバタケニンジン(姥岳人参・セリ科) さぁ、八巻山へ向かおう。

タカネマツムシソウ モアイ象?
タカネマツムシソウ(高嶺松虫草・マツムシソウ科) モアイ象? やっぱりゴリラかな?

岩場 先行者
稜線の岩場を行く。 八巻山山頂の登山者や、登って行く先行者が見える。

岩場の私 アキカラマツ
岩場を行く私 アキカラマツ(秋唐松、秋落葉松・キンポウゲ科)

八巻山山頂 シコクギボウシ
八巻山山頂(1698m) 岩場に咲くシコクギボウシ(四国擬宝珠・キジカクシ科)

おかめ岩 おかめ岩の私
おかめ岩まで降りて来た。

やっぱりおかめ岩に登りたいですよね。
この付近にて昼食にする。

トリスおじさん おかめ岩
トリスおじさん? 分かる人は少ないかな。 登山者が増えたおかめ岩を振り返る。

赤石山系らしい岩場の連続 八巻山
赤石山系らしい岩場の連続を眺める私 八巻山を振り返る。

岩場 歩いて来た岩場
岩場を楽しみながら進む。 歩いて来た稜線・岩場を振り返る。

石室越 シモツケ
石室越の分岐を左へ降りて行く。 シモツケ(下野・バラ科)

シモツケソウ 赤石山荘
シモツケソウ(下野草)とオトメシャジン 営業していなかった赤石山荘

モミジガサ 沢
モミジガサ(紅葉笠・キク科) 瀬場谷ルートも橋が多い。

跳ね滝 ショウキラン
流れが跳ね上がる跳ね滝 葉緑素を持たないショウキラン(鍾馗蘭・ラン科)

ショウキラン 橋
ショウキランのアップ バランス感覚が必要なを慎重に渡る。

ワイルドな橋 怖かった橋
ワイルドで危険な匂いの 一番怖かったなぁ。

瀬場谷分岐 イワタバコ
朝方通った瀬場谷分岐まで帰って来た。 イワタバコ(岩煙草・イワタバコ科)

木橋から眺める沢 登山口
木橋から眺める沢 登山口に無事下山した。


>>登山口  >>Top