2022.8.16 (Tue)

6年振りに(ます)返しの滝から一枚岩渓谷を三谷出合いまで遡行した後、千丈滝(雄滝・雌滝)~船上山(687m)周辺を歩いて来ました。

天候 曇り、微風。  登山口気温 29度。

[ ルート図 ]
GPSログ

 

[ グラフ図 ]
グラフ図

 

船上山ダムから 東坂登山口
船上山ダムから船上山を眺める。 船上山・東坂登山口から自転車で出発

鱒返しの滝入口 分岐
約2km下ると、鱒返しの滝入口 この分岐は直進して下段の滝に寄り道

沢出合い 沢の様子
沢に出ると右へ。 正面は勝田川本流 10分ほど遡行するが、以前より歩き難くなっていた。

下段の滝 滝と私
下段の滝 滝に打たれて修行?

裏見の滝 分岐
裏見の滝だが、ここまでにしよう。 分岐まで戻り、しばらく登って、ます返しの滝

説明板 ます返しの滝
説明板 ます返しの滝

一枚岩渓谷へ 一枚岩渓谷
一枚岩渓谷へ降りて行く。 一枚岩渓谷

鱒返しの滝の滝口 小滝
鱒返しの滝の滝口から覗くが、これが限度(怖い) さぁ、一枚岩渓谷を上流へ

大岩 小滝
流れに磨かれた大岩の間を清流が流れている。 小滝も多い。

滑り台の滝 小滝が続く
流れに乗って、滑り落ちたら気持ちいいだろうな 透明で綺麗な流れと、小滝が続く。

ヤマジノホトトギス 三谷出合い
ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草・ユリ科) 三谷出合いまでで遡行終了し、引き返す。

分岐 ヤブ化した登山道
分岐まで引き返し、千丈滝 テープは有るが、かなり藪化していた登山道

一般道 ゴーロの道
一般道に合流すると、少しマシになる。 ゴーロになると雄滝は近い。

船上山の屏風岩 雄滝
船上山の屏風岩を眺める。 千丈滝・雄滝(落差109m)

千丈滝・雌滝 ツリフネソウ
千丈滝・雌滝(落差90m)を眺めながら昼食 ツリフネソウ(釣船草・ツリフネソウ科)

オミナエシ オトコエシ
オミナエシ(女郎花・オミナエシ科) オトコエシ(男郎花・オミナエシ科)

コオニユリ 正面道分岐
コオニユリ(小鬼百合・ユリ科) 正面道分岐を通過

千丈のぞき 船上山ダム
ここが千丈のぞき直下だろう。 船上山ダムを眺める。

ツリガネニンジン キキョウ
ツリガネニンジン(釣鐘人参・キキョウ科) キキョウ(桔梗・キキョウ科)

屏風岩 分岐
屏風岩を見上げる。 探勝道(横手道)分岐に出て、悪路から解放された。

一丁地蔵 東坂登山口
一丁地蔵  文政6年(1823)建立 東坂登山口に下山した。


蒸し暑い一日で、途中から熱中症ぎみになったので、予定していた正面道を登らず下山した。
しかし、ナツエビネ(夏海老根・ラン科)の花たちに出合えたので、満足な山行になった。

ナツエビネ ナツエビネ

 

ナツエビネ ナツエビネ
真夏の妖精 神秘的な美しさです。


>>登山口  >>Top