2022.9.7  (Wed)

恒例になった北海道遠征登山です。8月に行きたかったが、天気や諸事情により、初めての9月遠征になった。
今回も敦賀港からフェリーにて苫小牧東港へ。(約20時間30分+7時間30分) 35,900円也(復路は1割り引き)

すいせん すいせん
敦賀港を5日23:55発の「すいせん」に乗船 貨物が多くて、出発が15分程遅れた。
台風11号に追い付かれなかったが波が高く、初めて軽い船酔いになった。


6日20:30に苫小牧東港に着く予定が、接岸できず(他の船が出られないのでそこに接岸できない)
GPSを見ると、7時間30分も津軽海峡付近をグルグル回って波が治まるのを待ち、7日の朝4時に着いた。

北海道遠征一日目は支笏湖の南側と接している活火山 楢前山の予定だったが、台風による倒木処理で登山口まで行けず、
昼には通行出来ると言われたが待てないので、近くの恵庭岳(えにわだけ)(1319.6m)に変更した。

天候 晴れ、稜線では心地良い風。  登山口気温 19度。

[ ルート図 ]
GPSログ

 

[ グラフ図 ]
グラフ図

 

楢前山と風不死岳 駐車場
支笏湖から眺める楢前山風不死岳(ふっぷしだけ)   来年登ろう! 丸駒橋横の恵庭岳登山口駐車場に一番乗り

登山届ポスト 入口
しばらく歩くと登山届ポスト 少し先の沢沿いに恵庭岳登山入口の標識あり。

二合目 シラカバ
年代物の二合目標識 シラカバの森を登る。

登り専用 第1見晴台
登り専用分岐 岩場の上部が7合目(第1見晴台)

山頂を見上げる。 支笏湖
恵庭岳山頂を見上げる。 下方には支笏湖

噴煙 活火山
山頂直下に噴煙が見える。 恵庭岳も活火山なんだ!

第2見晴台 山頂を見上げる
ここからは厳しいので、一般には第2見晴台が山頂 恵庭岳山頂まで行ってみよう。

北京原人 山頂
北京原人に見えてしまう岩 真ん中ピークの奥が山頂のようだ。

山頂直下 難所の岩場
山頂直下の岩場は、どこを登るんだ? 鎖とロープを持って、腕力で登る。

恵庭岳山頂 恵庭岳山頂
恵庭岳山頂(本当の山頂ではない) 崩壊して狭くなっている恵庭岳山頂(1319.6m)

自撮り 羊蹄山
何とかセルフタイマーで・・・ 1座目を表す。 羊蹄山のズーム

支笏湖 単独女性
支笏湖風不死岳楢前山 降りて来た第2見晴台から、山頂の単独女性をズーム

飛び出た岩 下山専用
カメラマンが居れば、左の飛び出た岩に立ちたいな!? 下り専用ルートを降りるが、滑り易い。

恵庭岳登山入口 駐車場
恵庭岳登山入口の標識まで降りて来た。 駐車場には10台程の車

下山後、石狩岳(1967m)を目指して走り、音更川二十一ノ沢出合登山口にて車中泊。
登山口までの未舗装林道(14km)は長かった。

 

  2022.9.8  (Thu)

音更川二十一ノ沢出合登山口~渡渉点~シュナイダーコース分岐~石狩岳1,966mピーク石狩岳(1,967m)ピストン

天候 晴れ、稜線では心地良い風。  登山口気温 8度。

[ ルート図 ]
GPSログ

 

[ グラフ図 ]
グラフ図

 

駐車地 登山口
駐車場から石狩岳の稜線を眺める。 駐車場の奥が登山口

祠 自然林
直ぐにが有ったので、安全登山をお願いする。 シラビソなどの自然林の中を行く。

渡渉点 シュナイダーコース入口
渡渉点  倒木が有るはずが見当たらないので、
滑り易い石に苦労して渡る。
シュナイダーコース入口
開削25周年(1986.9.15)の表示あり。

急坂 尾根
急坂だが、ジグが切ってあるのでそれ程でもない。 尾根に乗ったら、歩き易い登山道になった。

ダケカンバ 紅葉
ダケカンバの大木 始まった紅葉の右に稜線が見えてきた。

岩場 山頂方向
岩場が出て来た。 山頂方向の稜線を眺める。

シュナイダーコース分岐 石狩岳方向
シュナイダーコース分岐に出ると、正面に大雪山 石狩岳方向を眺める。

ニペ 石狩岳
昨年登ったニペソツ山、尖がってるなぁ。 さぁ、石狩岳に向かおう。

阿寒岳 近づく石狩岳
阿寒岳も確認できる。 近づく石狩岳

石狩岳1,966mピークから
石狩岳1,966mピークからの展望 】

音更山 旭岳
歩いて来た稜線を振り返る。 旭岳のズーム

石狩岳 ニペソツ山
石狩岳に向かう稜線

ニペソツ山をバックに石狩岳(1967m)山頂にて。
今回の遠征2座目を表したつもり。

トムラウシ山 トムラウシ山
トムラウシ山のズーム トムラウシ山をなでなでするの巻

十勝岳 紅葉
明日登る十勝岳を眺めながら昼食 降りて来た分岐手前の草紅葉

コマクサ かくれんぼ岩
分岐にまだ咲いていたコマクサ(駒草) かくれんぼ岩を通過

エゾジカ 渡渉点
沢まで下山したら、エゾシカ(蝦夷鹿)と目が合った。 渡渉点は足を洗うつもりで靴を脱いで渡った。

シュナイダーコース 駐車場
シュナイダーコースは良いコースだった。 駐車場(簡易トイレあり)に無事下山した。

林道 看板
14kmの林道は長い。 国道273号入口の案内板

林道走行中に車の底を打って、アンダーカバーが半分外れガーガーと引きずるようになった。
応急処置はしたが最低地上高が半分以下になった感じ。これでは次の山に行けないので旭川市のホンダディーラー店へ。
「簡単に修理できなければ、外してください」と言ったが、無料で修理して頂き、コーヒー、洗車、ボックステッシュ5箱まで頂いた。
「北海道を楽しんで頂ければ嬉しいです」の言葉には感謝しかありませんでした。

気分良く、十勝岳温泉を目指して走り、自転車デポ後、望岳台登山口にて車中泊。

 

  2022.9.9  (Fri)

一昨年の登山で、富良野岳まで届かなかったので、そのリベンジです。

望岳台登山口~十勝岳避難小屋~昭和噴火口~十勝岳上ホロカメットク山上富良野岳富良野岳~十勝岳温泉~自転車~望岳台登山口

天候 晴れ、稜線では心地良い風。  登山口気温 12度。

[ ルート図 ]
GPSログ

 

[ グラフ図 ]
グラフ図

 

吹上温泉 露天風呂 夕日
自転車デポ後、吹上温泉 無料露天風呂に入る。
足湯の女性がおられたので入り難かった。
望岳台登山口から眺める夕焼け
防災シェルターには綺麗なトイレ、Wi-Fiが利用できた。

望岳台登山口 望岳台の大岩
望岳台登山口を出発 望岳台と書かれた大岩からの眺め

望岳台 噴煙
望岳台を振り返る。 十勝岳山頂方向に噴煙が上がる。

分岐 シラタマノキ
吹上温泉(白銀荘)からの登山道に合流。
前回は吹上温泉から登った。
シラタマノキ(白玉の木・ツツジ科)の果実

十勝岳避難小屋 十勝岳避難小屋と望岳台
十勝岳避難小屋 十勝岳避難小屋望岳台を振り返る。

美瑛岳 十勝岳
美瑛岳を眺める。 十勝岳への登山道

十勝岳 ゴーロの斜面
近づく十勝岳 ゴーロの斜面を登る。

噴煙 十勝岳山頂
迫力の噴煙。 風向きによっては硫黄の匂いが強い。 十勝岳山頂(2077m) 3座目を表す。

大雪山方向 トムラウシ山
大雪山山系方向を眺める。 トムラウシ山のズーム

石狩岳 ニペソツ山
昨日登った石狩岳方向 ニペソツ山はカッコいいね!

富良野岳方向 噴煙
明日登る予定の芦別岳の手前が目的地の富良野岳 地球は生きていると感じる迫力の噴煙

十勝岳 安政火口
何度も十勝岳を振り返る。 荒々しい安政火口方向を俯瞰

上ホロ小屋 上ホロカメットク山
上ホロ小屋は建て替え中だった。 上ホロカメットク山(1920m)

上富良野岳山頂 上富良野岳山頂から
上富良野岳山頂(1893m) 山頂から富良野岳を眺める。 前回はここまでだった。

三峰山 富良野岳
三峰山(1866m)を通過 岩場から眺める富良野岳

十勝岳温泉への分岐 近づく富良野岳
十勝岳温泉への分岐 近づく富良野岳

イワギキョウ 富良野岳山頂
イワギキョウ(岩桔梗・キキョウ科)の群生 富良野岳山頂(一等三角点・1911.9m)に到着

十勝岳方向 ダイセツトリカブト
歩いて来た十勝岳からの稜線を眺めながら昼食 ダイセツトリカブト(大雪鳥兜・キンポウゲ科)

さらば富良野岳 分岐
さらば富良野岳 上富良野岳からの下山道に合流した。

安政火口 十勝岳温泉に到着
荒々しい安政火口を見上げる。 十勝岳温泉に無事下山し、デポしていた自転車で出発

望岳台まで6km 美瑛岳
望岳台まで、まだ6km 正面に美瑛岳

吹上温泉 無料露天風呂 望岳台
寄り道して、今日も吹上温泉 無料露天風呂に入る。 約8.8km走って望岳台に帰って来た。

下山後、芦別岳を目指して走り、山部自然公園 太陽の里にて車中泊。

 

  2022.9.10  (Sat

山部自然公園 太陽の里~芦別岳新道登山口~見晴台~鶯谷~半面山~熊の沼~雲峰山(うんぽうさん)芦別岳ピストン

天候 晴れ、微風。  登山口気温 12度。

[ ルート図 ]
GPSログ

 

[ グラフ図 ]
グラフ図

 

新道登山口 自然林
芦別岳新道登山口 自然林の中の登山道は整備されている。

大木 呻吟坂
大木が増えてきた。

呻吟坂 序曲  「しんぎんざか」と読むのだろうが、
あえぎ苦しむ程の急坂ではない。

見晴台 ダケカンバ
見晴台を通過 ダケカンバの森になった。

分岐 夫婦岩
鶯谷(1107m)  ユーフレ小屋への分岐 右前方に夫婦岩が見えた。

ギザギザ尾根 半面山
その左のギザギザは屏風岩だろうか。 半面山(1377m)

半面山から 芦別岳
半面山から眺める見事な雲海
左には雲海に浮かぶ大雪山~十勝連峰が望める。
芦別岳山頂が見えた。

コウメバチソウ 大雪山~十勝連峰
コウメバチソウ(小梅鉢草・ニシキギ科) 振り返ると、大雪山~十勝連峰

雲峰山から 近づく芦別岳
雲峰山から眺める芦別岳 近づく芦別岳

芦別岳山頂 芦別岳にて
芦別岳山頂(二等三角点・1726.1m) 北海道遠征4座目を表したつもり。

芦別岳山頂から
芦別岳山頂からの展望 】  この景色を眺めながら昼食

夕張岳 羊蹄山
明日登る予定の夕張岳 羊蹄山も遠望できた。

旧道方向 新道登山口
下山時、旧道方向の面白そうな尾根を眺める。 新道登山口は車が20台位に増えていた。

旧道は崩壊箇所があり、稜線もハイマツのヤブ漕ぎになっていて大変だと聞いていたので、疲れもあり、簡単そうな新道ピストンにした。
旧道を登って来られた登山者に聞くと、沢沿いは少し大変だけど、それ以外はヤブ漕ぎも無く問題無かったそうだ。
とても良い山なので、次回は旧道~新道の周回をしてみよう。


夕張と言えば「幸福の黄色いハンカチ」だと思い、観光しました。 60歳以上は入場料 500円でした。

 

シューバロ湖から
【 シューバロ湖から眺める夕張岳 】  

 

夕張岳登山口の鹿島支線林道終点ゲートにて車中泊。

 

  2022.9.11  (Sun

鹿島支線林道終点ゲート~冷水(ひやみず)の沢~前岳の沢~分岐点~石原平~望岳台~憩沢~ガマ岩~ひょうたん沼~釣鐘岩~金山分岐~夕張岳~金山分岐~分岐点~二の越~夕張岳ヒュッテ~鹿島支線林道終点ゲート

天候 晴れ、微風。  登山口気温 11度。

[ ルート図 ]
GPSログ

 

[ グラフ図 ]
グラフ図

 

林道終点ゲート 登山靴洗浄場
林道終点ゲートから出発 外来種を持ち込まないため、登山靴を洗浄する。

分岐 冷水の沢コースへ
馬の背コース冷水の沢コースの分岐 冷水の沢コースは、山頂まで6.7km

ダイセツトリカブト シナノキ
ダイセツトリカブト(大雪鳥兜・キンポウゲ科) シナノキシラカバの森を行く。

冷水の沢と前岳の沢の標識 分岐
冷水の沢前岳の沢の標識 尾根に出ると馬の背コースに合流する。

石原平 望岳台
石原平を通過 望岳台で休憩

芦別岳 夕張岳
望岳台から、昨日登った芦別岳を眺める。 しばらく登ると夕張岳が見えてきた。

前岳湿原入口 湿原
前岳湿原入口 花の季節なら山野草のお花畑になるのだろう。

前岳 ガマ岩
振り返ると、右手に前岳 ガマ岩を通過

ひょうたん池 夕張岳山頂
ひょうたん池 夕張岳山頂は、まだ遠い。

吹き通し 金山分岐
吹き通しと呼ばれるザレ場を通る。 金山分岐を右へ

夕張岳神社 夕張岳山頂
山頂直下の夕張岳神社にお参りする。 夕張岳山頂(一等三角点・1667.7m)  5座目です。

夕張岳山頂から
夕張岳山頂からの展望 】  この景色を眺めながら昼食

前岳方向 羊蹄山
登って来た前岳方向 羊蹄山のズーム

芦別岳 日高山脈
また登りたい芦別岳 日高山脈を眺める。

下山 望岳台
さぁ、下山しよう。 望岳台まで降りて来た。

分岐点 二の越
この分岐から馬の背コースを下山する。 二の越を通過

尾根コース 夕張岳ヒュッテ
歩き易い尾根コースです。 夕張岳ヒュッテ

分岐 駐車地
今朝通った冷水の沢コース分岐 駐車地は満車状態

下山後、積丹岳を目指して走ったが、登山口までの道と登山道が整備のため通行止。
よって、登山後に予定していた積丹半島観光だけすることにして、積丹岬の島武意海岸駐車場にて車中泊。

 

  2022.9.12  (Mon)

積丹半島観光(島武意(しまむい)海岸、神威(かむい)岬)、小樽市の夜景など


島武意海岸入口 積丹出岬灯台
前方のトンネルを抜けると「日本の渚百選 島武意海岸
先に、右手の灯台に行ってみよう。
積丹出岬灯台(灯火地上高:10.6m)

島武意海岸 島武意海岸
展望台からの島武意海岸 海岸まで降りてみた。

島武意海岸 神威岬
島武意海岸 神威岬へ移動する。

神威岬入口 神威岬
女人禁制の地」とあるが、現在は女性もOKです。 チャレンカの小道」と呼ばれる道を先端まで行ってみる。

積丹ブルー 神威岬灯台
まさに積丹ブルー 神威岬灯台は明治21年(1888年)に初点灯

神威岩 念仏トンネル
神威岩(高さ41m)  ウニ漁の船が通過した。
澄み切った海中に立ち尽くす乙女の化身とも言われている。
下方に念仏トンネル(全長60m)が見える。
遠くには、先程までいた積丹岬

神威岬駐車場 毛無山展望所
神威岬駐車場 小樽市に移動して、毛無山 展望所

方位盤 小樽市
シドニー8691km、ワシントン10198kmなど
規模が大きな方位盤だなぁ~
小樽市  木々が大きくなって、展望はイマイチかな。

小樽市の夜景 小樽運河
小樽市の夜景 定番の小樽運河

小樽運河 小樽運河
夜の小樽運河 観光船がUターンして行く。

あかしあ はまなす
小樽港から「あかしあ」に乗船

翌日10時過ぎ、はまなすとすれ違う。
夕日は見られなかったが、定刻より30分早く舞鶴港に着いた。

今回も好天に恵まれて予備日は使わなかった。
登山口でお会いした北九州ナンバーの同世代単独者は、5月から北海道でユックリと登山を楽しまれていると言われた。
3年ほど前から、暑い夏の九州を離れて9月末までは北海道で車中泊しながらの生活らしい。
私も、来年はもっとゆったりした北海道遠征を考えようと思った。

>>登山口  >>Top