2023.2.22 (Wed)

新雪が降った後のパウダースノーと好天を信じて山友と3人で大ナメラ(1164m)まで登って来ました。
新雪は20~40cmで思った以上にラッセルが大変でした。

上蒜山登山口(旧スキー場)駐車場から二俣山の南東尾根に取り付く予定が、湯船川の水量が通常より多くてどうしても渡渉出来ない。
仕方ないので、車1台を回して蒜山高原キャンプ場から二俣山皆ヶ山大ナメラアゼチの周回にしました。
アゼチから南尾根を下山後の湯船川渡渉もやや苦労しました。

天候 曇りのち快晴、微風。  登山口気温 マイナス2度。

[ ルート図 ]
GPSログ

 

[ グラフ図 ]
グラフ図

 

上蒜山登山口駐車場 湯船川
上蒜山登山口(旧スキー場)駐車場から出発したが・・・ 湯船川が渡渉出来ないので引き返す。

蒜山高原キャンプ場 リス
車で移動し、蒜山高原キャンプ場入口から再出発 リスの足跡

蒜山高原キャンプ場 皆ヶ山登山口
雪に埋もれる蒜山高原キャンプ場 キャンプ場最奥が皆ヶ山登山口

尾根合流地点 猪のラッセル
この尾根合流地点に右から来る予定だった。 イノシシのラッセルとテンの足跡

ラッセル 皆ヶ山とアゼチ
先頭を交代しながらラッセル 右手に皆ヶ山アゼチが見える。

二俣山直下 二俣山山頂
二俣山直下 二俣山山頂(1083m)

大ナメラ 雪庇
大ナメラが見えてきた。 ノウサギは軽々と雪庇を越えて行く。

雪庇と皆ヶ山 急坂
雪庇皆ヶ山 新雪が40cm近い急坂の激ラッセル

シナノキ 霧氷
シナノキの大木 霧氷の森になってきた。

大山~大ナメラの展望 皆ヶ山山頂
樹間から大山山系大ナメラを眺める。 皆ヶ山山頂(1159.4m)

大ナメラに向けて 霧氷のトンネル
大ナメラに向けて急坂を降りる。 霧氷のトンネルの尾根

快適な尾根 大ナメラの山頂台地
快適な尾根を登る。 大ナメラの山頂台地まで登って来た。

山頂台地を登る 山頂台地を行く
大ナメラの名前どおり、滑らかで広い大雪原の山頂台地を行く。

山頂直下 大ナメラ山頂
大ナメラ山頂直下 大ナメラ山頂(1164m)に到着

大山山系の展望
大ナメラ山頂からの展望 】  

 

三平山方向 山頂標識
三平山方向と手前の縞々模様を眺める。 大ナメラ」の山頂標識

昼食 鞍部
大山を眺めながらの昼食は贅沢なロケーションだ。

トラバースすれば、皆ヶ山アゼチの鞍部に
行けるのではと思いチャレンジしたが・・・

撤退 降りる
新雪の下はアイスバーンで無理と分かり撤退
尾根に復帰もウイペットを使って四つん這いだった。
皆ヶ山の尾根からアゼチに向け急降下です。

急坂を降りる 尾根を登る
スリップに注意して急坂を降りる。 快適な尾根を登り返す。

皆ヶ山 アゼチ山頂
皆ヶ山と降りて来た尾根を振り返る。 アゼチ山頂(1116m)から上蒜山を眺める。

アゼチ山頂 南尾根
アゼチ山頂から歩いて来た山と大山を眺める。 さぁ、南尾根を降りよう。

植林帯 快適尾根
左側が植林帯になってきた。 植林帯を抜けると、再び快適な尾根になる。

湯船川 渡渉
湯船川上流まで降りて来た。 何とか渡渉出来た。

ツララ 林道
陰にはツララが残っていた。 林道出合からは林道を1㎞強歩く。

林道から 駐車場
歩いて来た山々(稜線)を振り返る。良く歩いたなぁ~ 上蒜山登山口駐車場に無事下山した。

お二人さん お疲れ様でした。 次回は湯船川の渡渉方法案が有るので検討しましょう。

>>登山口  >>Top